理学療法士の勉強会は講師、費用、人数に着目しよう

subpage01

理学療法士の勉強会は、実績のある優秀な団体が実施している場合もあれば、お金儲けに走っているところもあるので、選び方には注意する必要があります。


団体名や紹介文だけで判断するのは危険で、その団体のコンセプトは何かを見極めることが大切です。



判断する場合、講師や費用などの傾向をよく見て、決めるのがポイントになります。
理学療法士の勉強会を探す場合、1つの判断基準になるのが講師で、一番評価しやすい部分です。

講師の名前を検索すれば、どのような実績があるのかがすぐにわかります。


何の実績もない理学療法士の勉強会に行くのはリスクが高いので、避けるようにしましょう。

これまでにいくつかの講師歴がある人なら、同一内容のセミナーの料金が見えてきます。


値段にバラつきがある場合は、セミナー団体がすっぱ抜いている可能性があります。


理学療法士の勉強会の費用は、高すぎても安すても怪しいです。

高い受講料だからといって、内容が良いとは限らず、高い料金を取る悪徳な団体がたくさんあります。
聞いたことのある内容をオリジナルのように話して異常な値段を提示するところもあるので、注意が必要です。激安なのに豪華な雰囲気を出している場合も注意が必要で、安くて良心的と見せかけて次第に値段を吊り上げるところもあります。


大事なのは、その団体や講師によって適切な価格設定をしているかです。



理学療法士の勉強会は参加人数も大事で、たとえば講師1人に受講生100人では、実技指導は困難です。



聴講だけの場合は問題ないのですが、多すぎると質疑応答が十分に出来なくなる可能性が高いです。

理想は、講師1人につき15人から20人くらいでしょう。