言語聴覚士の求人なら

subpage1

言語聴覚士の求人は一般公開されているものが少ないので、ハローワークなどにいっても数件しか該当しないこともあります。

おすすめは言語聴覚士、理学療養士、作業療法士の求人専門サイトです。



エリアから、条件から仕事を探すことができます。

新卒の場合には学生課で求人を紹介してもらったり、勤務先や研修先の病院に求人があるかどうかを調べるのがおすすめです。


言語聴覚士は欠員募集と新卒採用が一般的ですので、勤務先や条件を絞り込むとなかなかみつからないという点が指摘できます。
病院やクリニック、福祉施設の場合にはホームページで募集していることもありますから、勤務先が近いところを希望している場合には直接問い合わせてみたり、ホームページをチェックしてみたりするのがおすすめです。



県の言語聴覚士会に問い合わせをしてみるのもおすすめです。



県内の案件に限定されますが、内容についても詳しく教えてもらえます。大阪、東京、愛知といった大都市圏ではセミナーが開催されることもあります。介護や医療のセミナーに参加することで関係団体からの求人情報を知ることができますし、会場で簡易面接をすることができるなどメリットが大きいのが特徴です。


定期的に開催されていますから、タイミングの合うように利用してみることも検討してみてはいかがでしょうか。研修や勉強会などにも積極的に参加し、技術を磨き、知識を身に着けておくと転職しやすくなりますし、病院や施設の特徴が理解しやすくなります。

基礎知識

subpage2

作業療法士の求人といっても、各地の病院を中心にさまざまな職場で募集が存在しています。そして募集している職場によって、勤務時間や給料、休日などの条件は異なります。...

next

情報分析

subpage3

作業療法士の求人を探しているのであれば、どのような点に注意すればいいのでしょうか。仕事の種類はあまり多くないと思っている方もいますが、実際に募集情報を確認してみると、さまざまな職場での働き方があることがわかります。...

next

意外な事実

subpage4

コメディカル資格の中でも、患者さんや障害者の方の精神的なケアをしたり、運動動作のサポートを行う資格でもある作業療法士は色々な場面で必要とされる仕事です。例えば病院の場合傷病者や障害を負ってしまった方の関節可動域の確保や、運動の手助けやリハビリテーションなどの仕事に従事します。...

next

知識を増やす

subpage5

理学療法士の勉強会は、実績のある優秀な団体が実施している場合もあれば、お金儲けに走っているところもあるので、選び方には注意する必要があります。団体名や紹介文だけで判断するのは危険で、その団体のコンセプトは何かを見極めることが大切です。...

next